「きゅうり加持」のご案内

きゅうり加持=きゅうり封じは、お大師様(弘法大師空海)が、今から約千二百年前、人々から病の根を断ち切って、病苦を和らげ、それぞれの役目を担って、健康に長生きできるようにとのご誓願から、不動明王を御本尊として始められた真言密教の秘法です。

この秘法には、胡瓜(きゅうり)を用います。住職が修法中、密教の法具独鈷杵(とっこしょ)できゅうりに穴を開け、その中に御真言の梵字と偈文・お名前・病名(願いごと)を書き込んだ『護符』を加持して納めます。

三蔵法師も砂漠横断時に持参されたという、水分と栄養が豊富なきゅうりの中に病気、疲労を封じ込め、皆様方の健康を祈祷する修法です。きゅうりはご祈祷後境内の土中に埋めます。

常時お申込み受付中です。

令和二年の日時

7月26日(日)9時より本堂、12時より護摩供

祈祷料 1本 1,000円也

お詣りされていないご家族、ご友人の分も申し込めます。

加持祈祷(かじきとう)とは、仏力を信者に授け、信者にその仏力を受持させること。

独鈷(とっこ)は、昔の演歌「いっぽんどっこの歌」や「出世街道」でも有名です。

狗留孫山修禅寺 住職

お願いごとの例
  • ○○の痛み平癒…例(膝ひざ) ・ ○○のしびれ平癒 ・ ○○病平癒 ・ 健康回復
  • 持病平癒 ・ 身体健康 ・ 心身健康 ・ 無病息災
  • 当病平癒 ・ 手術成功 ・ 健康増進 ・  精神平穏 ・ 病魔退散 ・ 延命長寿
  • 無事安産 ・ 無事成長


≫ きゅうり加持申込書 (PDF) ≪ 2020年(令和二年)の数え歳年齢表(PDF)